自家用車を売りたい場合のやり方には下取りと買取りのやり方が有ります。下取りといえば新しい自分のくるまを入手したと同時に、今まで乗っていたu-carについて買い取っていただけるものです。その時点で乗車が差し障りない状況であるならばプライスが付くわけですが、異常に古すぎる時だと処分のためのお金を必要とされることも考えられます。

下取は専門ショップが買い取りをするという訳じゃないですから、希望するような値段での買い取りは難しいでしょうけど、次の車と取り替えるような感じで乗り換えが可能であるといった良い面があります。逆に買い取りの場合は、それ専門の自動車買取専業店にお願いして買受してもらうものです。手続きがややこしいなどの良くない点も有るわけですが、引き取られたお車に関しては使用した車ということで市場に出回ることがもともと前提ですから、想像していたより高価買取りが望めると思います。

下取にしても買取にしても譲渡の場合にはいろいろと書類を準備する必要があります。どういうものかというと、車検証の原本と納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証が挙げられます。そして印鑑証明書や実印、住民票等も必要です。

引取りの場合は譲渡証明書や委任状なども使うのですが、これらについては買い取りの専門店で用意してくれるはずです。買取りを依頼する側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印、住民票さらに印鑑証明書が用意すべきものになります。審査の際もこれらについては確認されるので、失くした場合には再度発行して頂く事になります。

たとえ紛失の場合でも審査だけは受けることは出来ますが、その場で買取はおこなえないので評価額に悪影響が生じます。