ユースドカーを売りたい際の方法には下取りと買取りの手順があります。下取りは新しい自分のくるまを入手したと同時に、前の中古車を引き受けて頂けるものです。それが乗ることが可能なクルマだとしたら値段が付くのですが、古いクルマであった場合ですと処分のための費用を下さいと言われる場合もあるでしょう。

下取に関しては、専業店がおこなうという事ではない訳ですから、高値での売却は厳しいかと思いますが、新しいクルマと交換する形で乗り換えが可能であるといったいい点があります。もう片方の買い取りですと、それ専業のくるま買取専門ショップに依頼して買い取りして頂くといったものです。その手続きが分かりづらいなどのデメリットがあるのですが、引取りされた所有車については中古車ということで出回るのがもとから決まっておりますので、なかなかの高い値段での引取りが望めると思います。

下取、買取どちらであっても売り払う時は色々と書類をまず揃えておくことが必要となるでしょう。どういったものが必要なのかというと、車検証の原本と自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。更に実印や印鑑証明書、住民票等も必要です。

引受けの際は委任状や譲渡証明等も使用するかと思いますが、そのあたりは買い取りの専門店にて用意があるはずです。引取りをお願いする側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票あとは印鑑証明が用意すべきものになります。審査の時もそれらに関しては確認されるので、紛失しているときは再発行してもらうことが求められます。

万が一無くしたケースでも品評それ自体はして頂くことは出来るのですが、その場で売却はして頂けないので査定価格に何か影響が出てしまうでしょう。