使用していた車を売却するさいの進め方といえば下取、そして買取というのが一般的ですよね。下取のケースはおニューのマイカーを購入する時、これまで乗っていた使用ずみの自動車を買い上げて頂くというものです。だいたい新車の販売店が引き取りをおこなうので売却額としてはどちらかというと低くなることが多いです。

一方、買取りのほうはおクルマ買い取り専門ショップがおこなっていて、マイカーという名目で店頭に出すことを予定して買上の額を決定するため、やや高目の買上げが望めるでしょう。何れにしろ不要車を売却することであり、売る前に買い受け額を決めるための格づけが実施されます。

見立てを行う時に気になるのはリサイクル料です。使った自動車の審査額で出される値段というのは自分のくるまのそのもののプライス、自動車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険などいれた金額の2種類があります有ります。リサイクル料に関してはその使っていた自動車を購入した際、若しくは「リサイクル料」が未納のときには車検の時支払いになりますので、後に使った自動車を廃車として解体処分する際に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする際のコストという名目で使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分する場合にJARSから支払われるということになります。

その場合のコストはだいたい、軽で8000円程、国産車で10000円くらい、外国の車等で15000円くらい、それ以外で20000円程を納める必要が有ります。大概の使用ずみの車買取りであれば、これらのリサイクルの代金を使用した車の買い受け額とは他のものとして引き受けされるという事になるワケですが、リサイクル料金をいれて引受プライスであるという場合も有り、引受を依頼する場合には確認しておくということが大事です。