中古車を売りはらう際の手続きというと下取と買取の両方が御座います。下取りの場合は新しい車を買う時一緒に前の中古の自動車を買取していただくというものです。大概は新車販売店が買取りをすることになるので売値のほうはわりと低価格になるケースが多いです。

一方、買取りのケースは不要車買取専門店がおこなっているもので、クルマという名目で店頭に出すことを予定して引き取り金額を決定するため、割合高目の買い上げが望めるでしょう。どちらにしても使った自動車を買い上げてもらうことであり、引き取ってもらう前に買上げ額を決めるための査定が実施されます。

格づけをお願いするさいに気に掛かるのがリサイクル料となります。ユーズドカー値踏みで示される額というのはそのマイカーそれ自体の値段、自家用車についてくる自賠責保険とかリサイクル料など入れたお値段の二種類が有ります。リサイクル料についてはその使用ずみの自動車を手に入れた時、またはリサイクル料が払われてなかったときには車検の時支払いとなりますので、将来、使用ずみの車を廃車にして解体処分する時必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするための代金ということで使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまう場合に自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

その際の代金はおおよそ、軽で8000円程、普通車だと約1万円、外車などで1万5千円ほど、それとは別に20000円ほどを入金する必要があったりもします。大半のユーズドカー引き上げの場合、そういったリサイクル料を使っていた自動車の買受け価格とは別個で引受けされるという事になるんですが、リサイクル代金を入れて見積もりプライスとしてるケースも有り、引き取りを依頼する時あらかじめ確認しておくことが大切なこととなります。