クルマの下取・買取時は、なにはともあれ査定をやります。この場合の査定とは、お客様から買い取りや下取りの際に適正な評価を下す為の工程であり、そのためにはたくさんの人から認識され、プラス承諾された進め方でなければダメなのです。とはいえ、消費者側からしたら、値踏みがどのようにやられているのかはっきりとは確認できてなかったり、しっかりしたやり方で行われてるかどうかはどうしても認識することが難しいものです。とはいえ、値踏みというのは愛車のバリューを決める大変大切なプロセスですので、方法や考えにさまざまなものがあると社会がパニックとなる理由にもなってしまうわけです。

そういった混乱を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という機関が設立され、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」とは、しっかりとした値踏みが行われるように取り組んでいる団体であって、消費者が無事に鑑定に出すことができ、しかも納得できる結果になるような土台作りの動きをしています。

内容的には、例えば健全な査定士を増やす為の検定を実施しており、査定協会がおこなっている学科や技能研修を受けてもらい、それから査定士技能検定試験という試験に成功することで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、きちんとした知識や規律をもってユーザーの車の評価をしていきます。つまり適正な査定のための資格を保有する者が査定をおこないますので、消費者も不安なく買取とか下取に車を出すことが可能となるのです。