使用していた自動車を売却するさいの進め方には買取と下取りの両方が存在しますね。下取の場合というのはおニューの所有車を買う時にこれ迄乗っていた古い自動車を買い取ってもらうというものです。大体は新車販売店が引き取りをするため売値はどっちかといえば低く見られがちです。

逆に買取りの方はユースドカー買い取り専業店がおこなっていて、古い自動車として店頭に並べることを予定して買受の価格を決定するので、意外に高値での引き受けが望めるでしょう。いずれにしてもマイカーを売却する事であり、売る前に買取金額を決定するための見立てが行われます。

格づけを依頼する場合気になるのがリサイクル料となります。使用済みの自動車の査定で示される値段としては自分のクルマのそのものの金額、中古車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等含めたお値段の2種類があります存在します。「リサイクル料」はユーズドカーを買ったさい、またはリサイクル料が未払いのときには車検の際に支払いになりますので、のちに使用した車を廃車として壊してしまう時必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルする為の代金となって使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、処分する時自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

その場合のコストは大体、軽で8000円程、国産車の場合で1万円程、外国の車等だと1万5千円位、それ以外で2万円ぐらいをいれる必要が有ります。大体の中古の車買取りだと、そうしたリサイクル料をユースドカーの引き取り値段とは別で引受けされることとなるわけですが、リサイクル料金を含めて買い取り価格であるというケースも有り、引き受けをお願いする時には先ずは確認しておくのが必要です。