不要車を売りはらう際の段取りには買い取りと下取りの両方が御座います。下取りの場合というのはおニューの自分の車のを買う時、今までお乗りの古い自動車を引き受けてもらうというものです。ほとんど新車の販売会社が引取りを行うので売り値としてはどっちかといえば低くなるケースが多いです。

もう一方の買取りのほうはお車買い取り専業店がしているもので、おクルマとして店頭に陳列することを前提に引き受けの金額を決定するため、結構高目の買い上げが期待できるでしょう。いずれにしろユーズドカーを引き受けてもらうことであり、、売却する前に買受プライスを決めるための値踏みがされるわけです。

審査額をしていただく時気に掛かるのがリサイクル料となります。使った自動車の品定めで出してもらう値段としてはお車本体の値段、自分のクルマのについてくるリサイクル料とか自賠責保険など入れた値段の二種類が御座います。リサイクル料についてはその古い自動車を購入した時、またはリサイクル料が払われてなかった場合には車検を通した場合支払いとなるもので、のちにユースドカーを廃車として処分するさいに必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などリサイクルする際の費用となって使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体処分する際にJARSから支払われることとなります。

その際のコストは大体、軽で8000円ほど、国産車で10000円程、外国の車等だと1.5万円くらい、それ以外で2万円くらいを入れる必要性が御座います。大抵の使用済みの自動車買上げであれば、こういったリサイクル料を中古の車の買受額とは他のものとして買取されるというようなことになるのですが、リサイクル代金を含めて評定プライスとなっているケースもあり、引き受けを望んでいるケースではまえもって確認しておくことが必要です。