古い車を売りはらう時の段取りとしては買い取りと下取りというのがありますよね。下取りの場合というのはおニューの愛車をゲットする代わりにいままでお乗りの中古の自動車を買い取って貰うというものです。大体は販売会社が買い取りをすることになるのでプライスとしてはどっちかというと低めになりがちです。

もう一方の買い取りのケースはユースドカー買い取り専業店がやっているもので、使用ずみの自動車として店頭に並べることを前提に買取額を決めるため、割と高プライスの買い上げが望めます。いずれにしても使用ずみの自動車を買取してもらうことであり、引き受けてもらう前に買い受け価格を決定するための見立てが行われます。

評価をして貰う時に気になるのはリサイクル料です。使用していた車の見積りで出される価格というのは愛車それ自体の値段、自家用車についてくる自賠責保険とかリサイクル料等加えたプライスの二種類が有ります。「リサイクル料」はその使用ずみの自動車を買った時、もしくはリサイクル料が未納だった場合ですと車検の時支払いとなりますので、今後ユースドカーを廃車にして壊してしまう場合に必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルする際の費用という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、壊してしまう場合に自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

その際の料金は大体、軽自動車だと8千円程、国産車だと10000円くらい、輸入車等であれば15000円ほど、そのほかで2万円位を入金する必要があります。だいたいの使った車買上げだと、そうしたリサイクルの代金を中古の車の引き受け額とは別ということで引き取りされる事になる訳ですが、リサイクル料をいれて見積もり価格であるという場合も有り、引受けを希望する場合はまえもってチェックしておくことが大切なこととなります。