ユースドカーを手放す場合のやり方には下取や買取といった手順が存在します。下取は新しい自分の車をゲットした時には、これまでの自分のくるまのことを引受けしていただくというものです。まだ走行ができるくるまであったら買値が付くわけですが、度を超えて古いものだった時だと逆に処分のためのお金を必要とされる場合もなくはないです。

下取してもらう場合は専門ショップが買い取りをするという事じゃないので、高プライスでの引受けはできないと思いますが、おニューのマイカーと取り替えるような感じで乗り換えが可能だといういい点があります。もう片方の買取はといえば、それ専業の不要車買い取り専門店にお願いして買受けをして頂くものです。その手続きが分かりづらいなどの良くない点もありますが、引き取られた中古車はユースドカーとして流通されるのが大前提ですので、思っていたよりも高い金額での買い取りが望めるでしょう。

下取、買取どちらであっても売却のときにはいろいろと書類を揃えておくことが求められます。必要なものの中には車検証やクルマの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。さらに印鑑証明や実印、住民票といったものも必要となります。

引受けのときは委任状や譲渡証明書等も必要書類になりますが、そのへんは買い取りの専業店が用意があるはずです。引取りを希望するこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票さらに印鑑証明が用意すべきものになります。見積もりの際もそれらがチェックされるので、無くしたケースでは再度発行する必要がございます。

もし仮に無くした際でも格付けだけは受けることは出来るのですが、即譲渡はして貰えないため見積金額に悪影響が生じます。