くるま買い取りのお店に見積もり査定をして頂いたのはいいけど、分割金を払いきれていないケースも考えられます。そんな場合は、売ろうとしている自動車の所有がご本人であるのか別の人なのかをとにもかくにも確認することが求められます。

本当のところ、所有権はどれを見たら分かるのかと言えば、「自動車検査証」に書かれている氏名がクルマの持ち主という訳です。

自動車を買うタイミングで銀行などのローン支払いを組んだ時には、こちらの「自動車検査証」に書かれている名前がご自分のお名前になっているのですが、分割払いを設定されたのがクレジット系の会社であった場合は氏名がその信販会社の記載となっている訳です。信販系で分割払いを組む場合なぜこのようにクレジット会社を所有者として登録しているのかと言いますと、その理由は月賦が滞ったりしたら、ただちにクルマを差し押さえて確保するためです。

そういった事情で所有権がローン会社にあるケースではそのクルマを勝手に売却することは無理なことです。それでも売りたいならまず支払いを完全に終了させるかローンの組み替えをして所有権をご自分に変更した後で売却をすることが必要です。しかし、現実問題そうした事が可能なのは今現在持っている資金がとても多い場合になってしまいます。それじゃあキャッシュが足りない人はどんな方法を取るのが良いのでしょうか。

こうした場合は、評定をおこなってもらったくるま買取ショップにご相談頂けますと、愛車の買い取りの値段から残りの返済分を返済し、所有権者を自分自身の氏名に変えていただくことができるというワケです。手続きの方もすべて買い取りのお店にオマカセ可能なので大丈夫です。