中古車を手放したいケースでの方法は下取や買取といった種類が用意されています。下取りは新しいクルマを購入したと一緒に、前乗っていた自家用車を買取りして頂くものです。その自動車が走行ができる車だったとしたら買値が付きますが、度を超えて古い時だと逆に処分の為の費用を下さいと言われることも考えられます。

下取は専門業者が買い取りをする訳ではないので、望むような値段での引受けは厳しいかと思いますが、次の自動車と交換のような形で乗り換えが可能だという良い面があります。一方買取はというと、それを専業としている車買い取りの専門店に依頼して買取をして頂くものです。そのやり取りがややこしいなどのデメリットが有るわけですが、買取をされたお車はユースドカーとなって市場で取引されることが元々大前提ですので、わりと希望するような価格での引受けが期待できるでしょう。

買取、下取のどちらであっても売り払う時は色々と書類を用意する必要があります。どんなものが必要かといえば、自動車検査証やクルマの納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券があります。その他実印と印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

譲渡の場合には譲渡証明や委任状も使うかと思いますが、これらは買取専門ショップが用意してくれるはずです。譲渡を希望するコチラ側としては、車検証、自動車税の納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印さらに印鑑証明書が用意すべきものになります。査定時にもそれらが見られるので、紛失している際は再度発行する必要があります。

もしも紛失のケースでも鑑定それ自体はしてもらうことは出来るのですが、即買取は出来ないので見積もりの値段に悪い影響が出ることになります。