マイカーを売却する時の仕方には下取りと買取りのどちらかが一般的です。下取の場合というのはおニューの自分のクルマのを購入する時にこれ迄の中古車を引き受けて頂くというものです。大抵販売店が引受を行うため金額としてはどっちかといえば低く見られるケースが多いです。

もう一方の買取のほうはユースドカー買取専門ショップがやっており、ユースドカーという名目で売る事を前提として引受け価格を決めるので、割と高目の引き受けが望めるでしょう。何れにしても自分の車のを売却する事であり、売る前に引き受けプライスを決定するための査定が行われることとなります。

査定をおこなう時気に掛かるのがリサイクル料になります。ユースドカー値踏みで出してもらう額としてはそのユースドカーそのもののプライス、所有車に附随するリサイクル料とか自賠責保険等をいれた額の二つの種類がございます。リサイクル料に関しては中古車を買った際、若しくは「リサイクル料」が未払いだった場合ですと車検を通した際に支払いになりますので、後にユーズドカーを廃車として壊してしまう場合に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等リサイクルする際のコストという名目で使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、処分する時自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

料金はだいたい、軽なら8000円くらい、国産車で1万円程、外車とかで約1万5千円、その他で20000円ほどをいれる必要性が有ります。大抵のクルマ買取りだと、これらのリサイクルの代金を中古車の引受けプライスとは別で引取られるというようなことになるんですが、リサイクルの代金をいれて評定価格としてるケースも有り、見積もりを頼む場合まずは確認しておくことが大事な事となります。