中古自動車の下取や買取の時にはなにはともあれ査定を行います。この査定とは売り手側から下取や買取の時に正当な評価を下す為の作業であり、それを行うためには多くの人から了承されその上合意された方法で行わないとまずいのです。

ただ、消費者側からすると見積がどんなふうにされているのか具体的に確認できてなかったり、しっかりした仕方で実施されているのかは案外把握することが困難なものです。とはいえ、鑑定自体が愛車の価格を決定するとっても重大な方法ですから、考えや方法に色々なものがあると社会がパニックとなる理由にもなるのです。

そういったパニックを起こさないようにするため日本自動車査定協会という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、キチンとした審査が拡大するように取り組んでいる団体であって、消費者が安心して値踏みに出すことができ、そして喜べるような結果となるシステムを構築する行いをしています。

実際の活動内容としては、例を挙げるとちゃんとした査定士を増やす為の資格試験を行っており、査定協会が実施する学科さらには実技の研修を受けて頂き、その後査定士技能検定試験という試験に成功することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が付与されます。そうした上で査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、まともな基本的なことや決まり事をもって消費者の所有車の評価をするのです。

要は適正な見積もりを行う為の資格を保持している者が評価を実施しますので、客側も安心して買取とか下取に愛車を提出することが出来るわけなのです。