ユーズドカーを売り払う際のやり方としては下取と買取の2つが一般的です。下取の場合というのはおニューの自分のクルマのをゲットすると一緒に古いユースドカーを買い受けしていただくというものです。たいてい新車ディーラーが買取りをおこなうので買取プライスのほうは割と低価格になることが多いです。

一方で買取の方は中古車買い取り専業店が行っており、ユースドカーとして売却することを予定して引受の価格を決定するため、やや高額の買取が望めるでしょう。どっちにしてもユースドカーを売却する事であり、引き受けてもらう前に引き取り金額を決めるための審査が行われます。

審査をしていただくケースで気に掛かるのがリサイクル料となります。愛車鑑定で示される値段というのはその愛車そのもののプライス、お車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料など入れた値段の二種類が有ります。リサイクル料はお車を購入したさい、若しくはリサイクル料が未納の時には車検を受けた時支払いになりますので、将来、自分のくるまのを廃車として処分する時に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等々リサイクルする際の代金となって使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体するケースで自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

料金は大体、軽なら8千円ほど、国産車の場合で10000円ほど、外国の車とかで15000円くらい、その他で2万円程度をいれる必要性が御座います。大体のクルマ引取りですと、そういったリサイクル料金を自分のクルマのの引き受け額とは他のものとして引取りされるというような事となるのですが、リサイクル代金を含めて買取り価格としてる場合も有り、見積もりを希望というケースで確認しておくのが大切なこととなります。