ユースドカー引取りをお願いした場合には、初めに審査を受ける事になります。その際の値踏みに関してはお店のの査定担当者が行うわけですが、ユーズドカーマーケットの相場等から値段がはじき出されることになります。

一般的にユーズドカーとして売られている金額の20~30%程度が売却金額とされているようですが、定評のある車種であったり、珍しい車だったりする場合には高プライスがでるなどの場合もあるみたいです。それと、製造年は新しいほど高く売れます。一方でこれらの買取金額はそのクルマが万全な状態の時であって、完全じゃないときは低い鑑定となります。中でも事故車などは買取の値段にとても関係します。

修復歴といっても定義は微妙なところですが、基本的にはくるまの骨組みであるフレームの部分まで影響しているようなアクシデントを起こした車両は事故車という事になります。そのような事故歴のある車はいつか何か負の影響出現する危なさがあるため、買取の値段ではダメなものとなってしまいます。一方、フレームの方にまで影響がなく、ボディを修復したぐらいならなりませんが、でも修復歴はつくことになります。

無論、修復歴が付くわけですから負の害は有りますが、事故車より低く値踏みされることはございません。また、エンジンなどに問題が出ているときにもマイナスとして見積もりされますし、通常のメンテナンスの状態が査定に影響されます。

そのあたりは私たちには気づかない所ですが、値踏みをしている買い取り専門店はきちんと状況を確認してきます。

どちらにしても修復歴は無いことが古いくるまの買取額を上げることができるかどうかの分かれ目となってきます。