お車の買取ショップに評定を依頼したものの、割賦払いを残したままであることも考えられます。そうしたケースでは、買い取って欲しい自動車の権利があなた自身なのか別の方であるのかを始めに見ておく必要性があるのです。

実際のところ、持ち主についてはどの辺を見ればわかるのかといいますと、「車検証」に記載のある氏名の方が車の所有権者となるのです。

マイカーを購入した際に銀行系のローン支払いを組まれた場合だと、こちらの「自動車検査証」に載っている氏名がご自分の氏名になっているのですが、割賦払いを組まれたのが信販会社である際は氏名が信販会社の名前になっているのです。クレジット会社で分割払いを組む場合どうしてこんな形で信販系の会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、その答えは返済が滞った場合、すぐに愛車を差し押さえて確保できるようにするためです。

こんな事情により所有権が信販会社にある時にはそのくるまを好きなように売却することは不可能です。どうあっても売ってしまいたいならまず残債を全て返済するかローンの組み換えによってオーナーをご自分に変更してから売り払う必要性が出てきます。ですが、現実問題そんな手続きが可能なのはその時点で持っている資産が沢山ある時という事に限られます。じゃあ現金が足りないケースではどのようにするのがいいのでしょうか。

そのような時には買取査定をやっていただいたマイカー買取り業者に相談すると、愛車の売却の金額から残りの支払い分を支払し、所有者を自分自身の氏名に変えていただくことが出来るという訳です。手続きも完全に買取り業者にお任せできるので問題ないです。