古い自分の車の買い取りをお願いした時には、とりあえず値踏みを受ける事となります。そうした時の値踏みの方は買取専門ショップの担当者がすることとなり、オークション市場の価格などから計算されることになります。

大体、ユースドカーということで販売されている額の2~3割ほどが買取金額とされていますが、売れ筋の車種だったり、珍しい車だったりする際には高い見積額がつくケースもあります。ほかにも、製造年は新しいほど高値が付きます。ただし、こういった買取り価格は車がパーフェクトな状態の時であって、万全ではないときだと値踏みは厳しくなります。なかでも修復の跡等はプライスに結構影響します。

修復の跡といっても定義が曖昧ですが、基本的には自動車の骨格であるフレームの部分まで跡を残すような事故をしてしまったお車は事故車となってしまいます。このような事故歴のあるくるまはいつかなにかしらの悪影響が出るという危なさが有るので、プライスではダメなものとなってしまいます。一方で、フレームの方には影響がなく、外側を修復した位なら問題ないのですが、それでも修理歴がついてしまいます。

もちろん修復歴としては付きますのでデメリットの影響があるのですが、事故車より低く値踏みされることは無いです。また、エンジン等に問題が起こっている場合にもマイナスという事で審査されますし、日頃の整備の状況が買取金額に関わってきます。

そのあたりは私たちには見分けはつかないのですが、審査を行う買い取りの専業店ではキッチリ状態をチェックの対象としてきます。

どっちにしても修復歴はないことが所有車買取プライスを上げることができるかどうかの最低条件となります。