古い愛車買い取りを依頼したさいには、まずはじめに見積もりを受ける事となります。鑑定に関しては買い取りの専業店の担当者がすることとなり、くるまマーケットの金額等から金額がはじき出されるものとなります。

だいたいユースドカーということで販売されている値段の20~30%程度が売却価格と言われていますが、好評な車種だったり、珍しいクルマである等の時には高い買取額がつくといったケースもあるみたいです。他にも、製造年が新しければ新しいほど高値が付きます。一方でそういった買取金額はくるまがパーフェクトな状態のときであって、万全ではないときにはマイナスに査定されます。なかでも事故歴等は買取額にとても響きます。

修復歴というのも定義は曖昧ですが、基本的にはクルマの骨組みであるフレームの部分にまで及ぶような事故を経験したお車は事故車として扱われます。この事故車はあとからなにかしらのマイナスの影響が出てくる危険がありますので、見積もりに於いては悪材料となるのです。一方で、フレームの部分にまで影響が無く、ボディを修復したぐらいならならないのですが、ですが事故歴がついてしまいます。

モチロン修理歴としては付く訳なのでマイナスの影響があるのですが、事故車より低く値踏みされることはありません。その他、エンジン等にアクシデントが起きているときにもマイナスとして審査されますし、日頃からの維持管理の状態が買取プライスに影響されます。

そのあたりは素人目にはわからないところですが、値踏みを行う買い取りの専門店としてはシッカリ状況をチェックしてきます。

どちらにせよ修理歴は存在しないことが古いクルマの見積金額が上げられるかどうかの最低条件となります。