所有車を売却する時の方法としては買取、そして下取のどちらかが御座います。下取りの場合というのはおニューのマイカーを購入する時一緒に今迄のユースドカーを引き取っていただくというものです。たいがいは販売会社が引き取りを行うため買取プライスはわりと低目に見られる場合が多いです。

一方、買取りの方は愛車買取専門店がおこなっているもので、中古の車という名目で売却することを予定に引受金額を決めるため、わりと高値での引受けが望めるでしょう。いずれにしろ所有車を引き受けてもらうことであり、、売却する前に引き受け金額を決めるための審査がおこなわれることとなります。

査定をしてもらう時に気に掛かるのはリサイクル料となります。ユーズドカー審査で提示される値段というのは車そのものの値段、自分のくるまのに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等含んだ値段の2種類があります御座います。リサイクル料に関してはクルマを手に入れた場合、又はリサイクル料が払われてなかったときには車検を受けたさいに支払われるもので、先々自分のくるまのを廃車にして処分するケースで必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などなどリサイクルする為の費用となって使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、壊してしまうさいにJARSから支払されることとなります。

コストはだいたい、軽であれば約8千円、国産自動車で1万円程、外国の車等で1万5千円位、それ以外で約2万円ほどを納める必要があったりもします。大抵のユーズドカー引受けだと、こうした「リサイクル料」を中古車の引受け価格とは別ということで買取されるというようなことになるワケですが、リサイクルの代金をいれて引き受け金額だというケースもあり、引き受けを望んでいる場合は前もって確認しておくということが大事な事となります。