中古自動車の買い取りや下取りの際には、必ず査定をさせて頂きます。この査定とは、消費者から買い取りや下取りする時にまともな評価を下す為の手続きであり、それをするためにはいろんな方たちから納得され、プラス合意された仕方でなければダメなのです。とは言っても、客側から見るのであれば、審査がどんな感じでやられているのかはっきりとは存じてなかったり、しっかりした方法でやられているかはなかなか把握することが困難なものです。そうはいっても審査というものはお車の価格を決断する大事な工程である為、方法や考えに色々なものがあると社会の混乱の原因にもなってしまいます。

そうしたパニック状態を発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」という機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、適切な査定が浸透するように務めている機関のことで、我々が安堵して車を審査に出せて、そのうえで納得のいく制度作りの動きをしています。

内容的には、例えばちゃんとした査定士を輩出する為の検定を実行しており、査定協会が実行している学科やスキル研修を受けてもらい、その後査定士技能検定試験という試験に合格することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として勤務するためには協会への登録が必須となり、健全な知識や規律をもって消費者のくるまの鑑定をしていきます。つまりはしっかりした査定のための資格を保持している者が値踏みをやりますので、我々も悩まずに買い取りや下取りに持っていくことが出来るというわけです。