自動車を売却する手続きとしては、最近までは新車ディーラーでの下取、または中古車専門店への譲渡がポピュラーでした。付き合いの長い新車販売店に下取ってもらい、欲しい車をゲットするお客様がこれまでは多かったようですが、今となってはそちらを選択するお客様はそれほどいません。下取だと、比べてみるとトクしない可能性が周知されてしまったことと「Auction」に参加するという新しい方法が浸透し始めたからです。

古い車専門の競りというものが存在し、古い車の専門ショップや販売会社もそこでゲットしているのです。普通の人参加不可能ですが、代行の業者を使用することにより、普通のお客さんだとしてもマイカーを「オークション」で売ることが可能になりました。そして、もう片方のやり方である古い車販売店への譲渡では、とりあえずクルマを車査定してもらい、申し分ない金額を提示されたら商談が成立です。

ユーズドカー販売業者は、そのように買取したくるまをきれいにチューンアップしてお店で陳列したり、Auctionに出したりします。どの方式を選ぶかは人それぞれですが、何を目的にするかによって、一番いい方法というのは異なります。なんでもいいからちょっとでも高い価格で引き取って欲しい、ということであるのなら、オークションの代行の専門店に要請するのが1番高く販売できる可能性が高いです。しかし心配することなく販売したい、信頼できる買取店に買い取って貰って、愛情をもって乗りこなしてくれる方に売ってほしいという事だったら、下取に出すかユースドカー専門店の方が適しているといえます。

代行の方に頼むケースでは、売れない限りは保管代金を支払しなければいけませんので、売るのに時間が必要となるとその分大変になる危険性があります。ユーズドカー専門店であれば次の所有者が見つかる前に売却額を頂くことが出来るというメリットがあるわけです。