車の下取・買取時は、なにはともあれ査定をやります。査定というのは、お客様から買い取りや下取りする時に適正な評価をするための作業であり、その為にはいろんな方たちから認識され、さらに認められたやり方で行わないといけません。とは言っても、お客様側からしたら、鑑定がどんなふうにおこなわれてるのか具体的に知らなかったり、正当なやり方で行われてるかどうかは案外把握することが出来ないものですよね。そうだとしても査定と申しますのはお車のバリューを決めてしまう重要な方法なので、考えややり方に様々なものがあると世間がパニックとなる要因ともなるわけです。

そうしたカオスを発生させない為にも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が設立され、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」は、しっかりとした値踏みが拡大するように取り組んでいる団体であって、私たちが安堵して鑑定に提出でき、そのうえで満足のいく結果になるような土台作りの務めをしています。

実際の活動内容としては、例を挙げると健全な査定士を輩出する為の検定をおこなっており、査定協会が行っている学科さらにはスキル研修を受けてもらい、その後「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、きちんとした知識や決まり事をもってお客さんのクルマの評定をしていきます。つまりはしっかりした査定のための資格を持つ方が査定をやりますので、私たちも不安なく下取りや買取に持っていくことが出来るというわけです。