所有車の買い取りや下取りの時には、間違いなく査定をしてもらうかと思います。この査定とは、ユーザーから買い取りや下取りの際にちゃんとした評価を下す為の作業であり、その為にはいろいろな方から認識され、さらに承諾された手順じゃないと良くありません。ただ、消費者側からすれば、査定がどんなふうにされているのかきちんと知らなかったり、フェアな段取りで調査されているのかはどうにも分かっておくことが出来ないものですよね。ではありますが審査というものは愛車の価格を決めてしまう大事な過程なので、考えや方法にさまざまなものがあると社会がパニックとなる理由にもなるのです。

そうしたパニックを発生させない為にも「日本自動車査定協会」という名の機関が設立され、中古自動車査定制度を制定しているのです。

日本自動車査定協会というのは、適切な値踏みが行われるように取り組んでいる団体であり、我々が無事に車を審査に出すことができ、加えて納得できる結果になるような制度作りの動きをしています。

活動内容としては、例を出すと健全な査定士を育むための資格試験を実行しており、査定協会がおこなっている学科と実技の研修というものを受けて、そして査定士技能検定試験に受かることである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。そして査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、きちんとした知識や決まり事をもって我々の車の評定をおこないます。つまり適正な査定を出すための資格を保有する者が査定を行いますので、消費者もリラックスして買い取りや下取りに愛車を提出することが可能となるのです。