車の下取・買取時は、必ず査定を行います。査定イコール、売り手側から買い取り・下取時にちゃんとした評定を下すための下調べであり、そのためにはたくさんの人から了承され、プラス承諾された方法でなければ良くありません。ただ、消費者側からすれば、査定がどんなふうにやられているのか正確には確認できてなかったり、キチンとした手続きで調査されているのかは結構把握することが出来ないケースがほとんどです。とはいえ、査定と申しますのはマイカーの値段を決断する非常に大事な過程ですので、考えや方法に種々のものがあれば世間のパニックの一因にもなってしまうわけです。

そういった混乱を発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が存在し、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

日本自動車査定協会という機関は、厳正な査定が拡大するように動いている団体であって、ユーザーが無事に査定に提出でき、しかも納得できる結果になるようなシステム作りの動きをしています。

具体的な中身としては、例を出すとまっとうな査定士を輩出する為のテストを行っており、査定協会が行っている学科と技能研修を受けて頂き、その後「査定士技能検定試験」に合格することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えてもらえます。その上で査定士として勤務するためには協会への登録が必須となり、しっかりとした基礎的なものや決まり事をもってお客さんのくるまの鑑定をします。つまり適正な見積もりを行う為の資格を有している者が評価をやりますので、客側も不安なく買取とか下取に車を出すことができるのです。